×

CATEGORY

CATEGORY

 
HOME»  鶏の部位について

鶏の部位について

もも肉

もも肉

もも肉は鶏肉の中で最も多く鉄分を含み、体調の維持に欠かせないビタミンB2が豊富です。
ビタミンB群は新陳代謝を高め、皮膚の潤いを滑らかにしてくれます。
赤みがかった肉質はむね肉に比べて硬めで、味にコクがあります。
調理法は、焼く・煮る・揚げるなど多種多様な料理に使用できます。
骨付きならば、栄養成分の溶け出すような煮込みや鍋などがおすすめです。

むね肉

むね肉

脂肪分が少なく、低カロリー・高タンパク質でヘルシーな部位です。
他の鶏に比べ、旨み成分であるグルタミン酸含量が高いことが確認されています。
火を通しても硬くなりにくいので、炒め物や薄くスライスしてしゃぶしゃぶ・蒸し鶏などがおすすめです。

ささみ

ささみ

脂肪をほとんど含まず、非常にタンパク質が多いため、肉類の中でもトップクラスの高タンパク&低脂肪食品です。
味はあっさり・淡白で肉質は柔らかいのが特徴。
蒸してサラダや和え物に適しています。
(加熱しすぎるとパサつくので要注意です。)

手羽先

手羽先

身は少なく、ほとんどがゼラチン質でできている部位です。
コラーゲンが豊富で美肌を作るビタミンA群も多く含まれています。
おすすめの食べ方は塩焼きですが、揚げ物や煮込みなどに最適です。

手羽元

手羽元

手羽先より身が多く、むね肉に近い肉質が特徴です。
焼いたり揚げたりしても美味しいですが、出汁がよく出るので煮込み料理としてもおすすめです。

ハツ(心臓)

ハツ(心臓)

筋肉が発達しており、プリプリとした食感を楽しめます。
揚げ物や炒め物などに使用できます。
味がしっかりとしているので、シンプルに塩焼きにしておつまみに最高です。
ハツには貧血に良い葉酸が多く含まれ、血液のもととなる鉄分やビタミンAが摂取できます。

レバー(肝臓)

レバー(肝臓)

牛や豚よりクセが少なく、ビタミン類や鉄分が豊富な部位です。
(うなぎの約4倍のビタミンAを含む)
串焼き・煮物・炒め物によく使用されています。ペースト状にしても良いです。
クセが気になる方は、香辛料や香味野菜と一緒に料理すると食べやすくなります。

砂肝(すなずり)

砂肝(すなずり)

胃袋の筋肉部分で、脂肪がほとんどなくコリコリとした独特の食感が特徴です。
砂肝の白い部分(銀皮)は硬くて食べられないので、皮面を下にして削ぐときれいに取れます。
串焼きでもよく使用されていますが、炒め物や煮物、茹でて和え物としてもいただけます。

せせり(小肉)

せせり(小肉)

首の筋肉部分で、1羽から1本しかとれない希少な部位です。
旨みと弾力があり、噛めば噛むほど肉汁が味わえます。
炒め物や焼き物に最適です。

皮

長期間飼育しているため、皮身が厚く旨みが豊富なのが特徴です。
コラーゲンが多く含まれ、女性の方に人気です。
軽く湯引きし、炊き込みご飯や酢の物などにおすすめです。

ぼんじり(テール)

ぼんじり(テール)

鶏のお尻の部分です。
この三角部分の突起はよく動く部位で筋肉が発達しており、味は格別です。
鶏の部位の中で最も脂が乗っており、焼くと脂が抜け独特の食感はやみつきに...

ハラミ(横隔膜)

ハラミ(横隔膜)

1羽から薄い肉が2枚しかとれない希少部位です。
歯ごたえがあり、焼き物に使用できます。

ガラ

ガラ

鶏の身をとった肋骨から尾っぽまでの部位です。
他の鶏に比べ、スープにしたときに臭みが少ないのが特徴です。